2012年09月02日

これでいいの…?

70勝一番乗りで、早くもM20と快調に飛ばしている巨人。
今季は、独走状態でマジックが出てからも順調にそれを減らし続けている。

しかしファンからすると、どうしてもいい所より心配な部分に目がいってしまう。
今季は、貯金も30以上あり2位とのゲーム差も7.5ゲームをつけて余裕もあるのだろう。
若手をどんどん、先発で起用し不思議な事にこれがまたどんどん的中していく。
普段まだ先発には早いと思われる選手も、そういったチームの余裕を感じるのか
余裕をもって楽な感じで、プレーをするせいかいい結果を残している。

投手陣も順調でけが人は出るが、そういった層の厚さで難なくカバーしている。
ただただ、心配なのは今後控えるCSシリーズ、日本シリーズといった緊張を要する場面で、実力以上のモノが出せるかどうか?

今年出てきた若手を同じ様に使って、結果を出せるか?
起用法のタイミングを間違えると、独走して優勝してもCSで、ひっくり返されては何の意味もなくなってしまう。

投手陣で気になるのは、あまりにも簡単に先発を引っ込めてしまう所!
今や分業制で、絶好調の中継ぎ陣と抑えがいるのはわかるが中5〜6日休める先発陣に比べ、連投や中1〜2日の中継ぎ陣・抑え、最近調子が落ちてきている山口などは、心配だし数字にもある様に今年に限らず去年から数多くの登板数があり酷使に近い起用方が気になる。
どう見ても、ローテンション投手などは完投させるべきだと思う。

…間に合うとは思うが、杉内が早く復活しないと天下分け目の試合で、内海では大事な所で完封を期待するには、まだまだ実力不足な気がする。

とにかく中日が不気味で、2位とはいえ貯金も20ほどあり例年ならこの成績なら独走しているほどの成績だ。
巨人とも今季の対戦は五分の成績だし、前回の対戦を見てわかるように、吉見・ソトが1、2戦で出てくるとまったく巨人は打てない。
杉内なしでは、勝負にならないほどだと思う。

他にも中日には、抑えの岩瀬や浅尾抜きでも次から次へと若手や新外国人が当たり
全く戦力ダウンを感じさせない。
何より投手コーチでは、権藤コーチが相当いいのだろう。権藤コーチが投手コーチに
就任すると、どのチームも投手力がアップしている記憶がある。
それに比べて、巨人の打撃コーチは何と捕手出身の村田。
確かにバッティングは良かったけれど、巨人の捕手は歴代打撃は皆いい。
バッテリーコーチならわかるのだが…

今後終盤、去年活躍したネルソンあたりが先発に復帰してくるとそう簡単には日本シリーズには駒を進められない。
posted by yume at 18:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする