2012年10月21日

初勝利

セリーグCSファイナルステージ第4戦。やっとの事で、勝つには勝ったが昨日の勝利はほんの紙一重の差で
ハラハラドキドキの勝利のジャイアンツ。
どうも中日と違い、投手陣に安定感がないというか、ヒットを打たれ過ぎている。

昨日の試合でも、ヒットの数は中日が11本に対し巨人はその約半分の5安打。
チーム打率も中日が.294に対し、巨人は.195と1割ほどの開きがある。

結果的には好投した澤村だが、6回を7安打2四死球ともうアップアップ状態。
しかし今までの巨人の投手と違い、球が誰よりも速かったため、勢いも加わり気合いの
ピッチングで、数々のピンチを切り抜けた。
シーズン中なら、6回降板もある程度の安心はあったが今のリリーフ陣は誰が投げても
ヒットや四死球の不安がかなりある。

最初に投げた山口、1イニングだけなのにこれまでと相変わらず5打者に対し3安打1失点と
シーズン中とは、ほど遠い投球内容が続いている。
次に登板したマシソン、数字だけ見れば、リリーフ陣の中では一番抑えているが結構甘いところに
球がきていて、コントロールも悪い。それでも抑えているのは澤村同様、球に力がありあの長身から
投げおろすフォームが、その効果を一層引き立たせているというのもあるのではないだろうか…

西村もずっと悪い投球内容が続いているが、昨日は何とか抑えたものの、やはりヒットを打たれているのが
気になる。
たったの1安打だったが、これでは相手からすると今の巨人リリーフ陣は誰が来ても打てそうなイメージが
出来上がってしまい、追い上げムードになった時に火消し役にならないのではという不安感がある。

つなぎ目も目立ちにくい、コルクマット
posted by yume at 17:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする